上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

News - 元少年に死刑判決 - 死刑の是非の
だ。いや、鮮明になったのではなく、本村洋氏が鮮明にしてくれたのだ。光母子殺害:【本村洋さん会見詳細】<1>「裁判所の見解は極めて真っ当」 - 毎日jp(毎日新聞) 光母子殺害:【本村洋さん会見詳細】<2>「どこかで覚悟(続きを読む)


本村洋さんの記者会見の感動を覚える
本村洋さんの記者会見に感動を覚える 国家権力の不正を糾弾するというのが最大の目的であるこのブログで、光事件の判決について書く つもりはなかった。しかし、これだけの社会事件である。一言書いておきたい。それはまた、私という人間が、どういう人間(続きを読む)


光市母子殺害の被告に死刑判決 本村洋さん
態様や動機などを否認した新たな供述について「変遷は不自然、不合理」と強調し、弁護側の主張を次々と退けた。その上で、 本村洋 さん 32 の妻・弥生さん(当時23)の殺害方法については、「右逆手で頚部 けいぶ を圧迫したという新供述と遺体の所見とは(続きを読む)


【光市母子殺害事件死刑判決外伝】青山学院大学
感を超えて恐怖さえ覚える。日本中で起こっている(犯人を)殺せ殺せの大合唱は戦慄以外のものではない。20日の本村洋氏の意見陳述も、「死ね」という以外のメッセージは何もなく、同情はするが共感はしない。光市の事件に死刑は重(続きを読む)


命でしか償えないこと
やむを得ない」 ‥‥そんなワケで、今日は「いかがお過ごしですか?」はナシにして行くけど、判決後の会見で、ご遺族の本村洋さんは、マットウな判断をしてくれた裁判長へのお礼の言葉を述べてから、加害者に対しては、「誰の指示(続きを読む)


死刑判決外伝】 朝日新聞女記者 本村さんへ詰問
ジャーナリスト活動から身を引くことにした。僕もそれぐらいのことを背負う覚悟はある。報道の魂 光市母子殺害事件 〜もうひとつの視点 報道の魂 天国からのラブレター (新潮文庫) 本村 洋 本村 弥生 Amazonで詳しく見る by G-Tools 「生きる」という権利-麻原彰晃主任(続きを読む)


朝日記者「少年の死刑判決のハードル外れるの
-------------------------------- 光母子殺害、本村洋さん会見詳細、被告の反省文は「生涯開封しない」 --被告は傍聴席に一礼しましたが、どう感じましたか。本村 最後に彼が一礼してくれたことは見届けました。彼がどうい(続きを読む)


【光市母子惨殺】 犯人の福田孝行に死刑判決
われた元少年(27)の差し戻し審判決が22日に広島高裁で言い渡されるのを前に、事件で妻子を奪われた会社員本村洋さん(32)が19日夜、光市内で記者会見した。「9年は長い歳月だったが、遺族全員の希望だった死刑という(続きを読む)



洛書き帳:元少年に死刑判決が下った光市母子殺害事件で… /京都
毎日新聞
元少年に死刑判決が下った光市母子殺害事件で、遺族の本村洋さんの会見を取材した。死刑制度にも議論が及んだが「死刑でなかったら、誰が結末まで注目するでしょう」との問いかけに、被害者への無関心に改めて気付かされた▼遺族の優先傍聴権や意見陳述、法廷への遺影 ...(続きを読む)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。