上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「厨房で逢いましょう」
西日本新聞
エデンの胃袋と食欲を満たしてあげることが、グレゴアにできるただ1つのこと。 彼女への想いは料理に注がれ、その味は人々の舌と心を魅了してゆく。 料理に思いを込めて愛を伝えるシェフの切ない片思いを、ほろ苦いスパイスをちょっぴり効かせつつ味わい豊かに描く、大人 ...(続きを読む)



厨房で逢いましょう
ドイツ〜スイス映画。 ヨーロッパ映画のいいところは、ちゃんと現実味のある主人公を等身大でみせること.(続きを読む)


敏腕シェフの切ない恋 「厨房で逢いましょう」
25日公開の独・スイス合作映画「厨房(ちゅうぼう)で逢いましょう」は、人付き合いは極度に下手だが料理の腕前は天才的なシェフが子持ちの人妻に恋をするというほろ苦い恋愛作品だ。監督・脚本はドイツ映画界で評価を高めている新鋭のミヒャエル・ ...(続きを読む)


厨房で逢いましょう/あなた作る人、わたし食べる人
オフィシャルサイト 宣伝惹句その他もろもろからは料理をめぐるちょっとばかりビターでロマンティックな話に感じるけど(というかそうリードしてる)、実はかなり奇妙にねじれたオフビートな艶笑譚とも言える作品で、意表をつかれてなかなか面白かった。 ...(続きを読む)


映画『厨房で逢いましょう』の“官能料理”はいかが?
ドイツ映画『厨房で逢いましょう』の公開(8月25日)を記念して、本作品を彩るオリジナル料理“エロチック・キュイジーヌ”を再現するタイアップ企画を、都内の有名レストラン、カフェなど10店が実施する。(続きを読む)


『厨房で逢いましょう』
この作品は、昨日からの公開。 「孤高の天才シェフが、平凡な主婦に恋をした。『あなたに食べてほしい。ただ、それだけ』。彼の想いは料理に注がれ、その味は人々の舌と心をとろかせてゆく…」 チラシに書かれているこのコピーを読んだときは、穏やかで ...(続きを読む)


[映画]「厨房で逢いましょう」を見たゼ!
渋谷にて。独映画。とてもよかった。なんて繊細な手つきの映画なんだろうと、うれしくなってしまう。主人公のさりげない表情や目線だけで、他になんの説明もいらないというのは理想的だとおもった。ほろ苦い展開もいいし、コントっぽいシークエンス ...(続きを読む)


『厨房で逢いましょう』
仕事で渋谷マークシティを訪れた際、目にとまった大きな看板でこのドイツ映画のことを知りました。「料理で愛を伝える大人の恋愛映画」 むむむ、食べることが大好きなワタクシの琴線というか、触手ならぬ「食手」がのびるタイトルとコピーです。 ...(続きを読む)


NEWS!! 映画「厨房で逢いましょう」コラボレーション・スイーツ
<NEWS> 辻口シェフがマリアージュ ドゥ ファリーヌで、 映画「厨房で逢いましょう」のコラボレーション・スイーツを作りました。 “淡い恋の瞬間”をシトロンの香りで表現し、映画に登場するプラリネを加えて奥深い味に仕上げました。 ...(続きを読む)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。